ピアノ 売る 見積もり

ピアノを高く売るなら見積もり時に工夫すべきポイント

ピアノを高く売るなら見積もり時に工夫すべきポイント

 

ピアノを売るときの見積もり

 

ピアノを買取業者などに売る場合、少しでも高く売りたいと思いますよね。見積もりをしてもらう時に、少し工夫するだけで査定額があがるかもしれません。ピアノを高く売るために、どのような工夫をすればいいのか、ポイントを調べてみましょう。

 

\\5社比較して10万円以上高く売れるかも?//

 

 

ピアノを高く買い取ってもらうための条件は、いくつかあります。有名なメーカーであること、できるだけ新しいこと、そして保存状態がいいことです。

 

 

 

メーカーや新しさはどうにもなりませんが、保存状態は工夫次第で良く見せることができます。買取業者の訪問見積もりの前に、まずやることはピアノをきれいにすることです。

 

 

 

ピアノのクリーニングで大切なことは、傷をつけないように専用の道具を使うことです。ピアノを弾いていた時に使っていた道具があれば、わざわざ新しく買いそろえる必要はありません。

 

ピアノを高く売るなら見積もり時に工夫すべきポイント

 

クリーニングの仕方は、最初に専用のモップで外装部分のホコリを払います。手垢がたくさんついている場合は、固くしぼった専用のピアノクロスで水拭きします。

 

 

 

そしてピアノ専用のクリーナーとピアノクロスで磨きあげます。ピアノで一番汚れやすいところは、ペダルで、多分長年磨いてないと、元々の色がわからないほど汚れていると思います。

 

 

 

これも専用のピアノコンパウンドで研磨すると、おどろくほどきれいになります。研磨剤が入っているので、布は使い捨てるようなもので大丈夫です。

 

 

 

次にふたを開けて、鍵盤専用のクリーナーと鍵盤用のクロスで丁寧に掃除します。ひとつひとつ磨くのは手間がかかりますが、見た目の印象が高く売るための重要なポイントになります。

 

ピアノを高く売る

 

買取業者によっては、ピアノの購入時についていた付属品が全部そろっていることで見積もり額が上がることもあります。

 

 

 

付属品とはピアノの鍵盤カバーや椅子、インシュレーターの他に、メトロノームなども含まれます。鍵盤カバーは使っているうちに買い替えた人もいるかもしれません。

 

 

 

しかし、実はメーカーのロゴが入っている鍵盤カバーの方が価値はあるのです。また、ピアノのために後から買いそろえたものも、一緒に査定してもらうとよいでしょう。

 

 

 

地震対策機能のついている敷板やピアノ専用除湿器など、ピアノと一緒に売れるかもしれません。特に消音装置のついているピアノは人気がありますので、高く売れるポイントになるでしょう。

 

 

 

ピアノを高く売るためには、ピアノを大切に使ってきたと評価してもらうことが大切です。できる限りピアノをきれいに掃除して、付属品も大切にしていることをアピールしましょう。

 

5社比較して古いピアノでも高価買取

\\5社比較して10万円以上高く売れるかも?//