ピアノ 売却 見積もり

ピアノの売却をする時の見積もりではどんな所をチェックされる?

ピアノの売却をする時の見積もりではどんな所をチェックされる?

 

ピアノ売却の見積もり

 

ピアノを売却する際には、まず最初に見積もり価格を出してもらうことから始まります。見積もりの段階では、いったいどんな所をチェックされるのでしょうか。業者によって、チェックする所は違ってくるのでしょうか。

 

\\5社比較して10万円以上高く売れるかも?//

 

 

ピアノを売却する時には、複数の業者から見積もりを出してもらうことが鉄則です。

 

 

 

しかし、数多くある業者に、一件一件見積もり依頼をするのはとても大変です。そこで、ぜひ利用していただきたいのが、一括で複数の業者の見積もりが届くサービスです。

 

 

 

必要事項を入力すれば、複数の業者に売却したいピアノの情報が送れるのでとても便利です。では、見積もりの際にどのようなことがチェックされるのか、まとめてみましょう。

 

ピアノの売却をする時の見積もりではどんな所をチェックされる?

 

まず、ピアノのメーカーと種類、モデル、製造番号といった基本的なことは必ず必要です。それらは、ピアノの決まった場所に刻印されていますし、調べ方も書いてくれています。

 

 

 

そして、ペダルが2本なのか3本なのか、またピアノの色も査定には重要ですので、チェックされます。ピアノの状態についても、申告が必要な場合が多く、水害や動物による被害があるピアノは、査定してもらえない可能性もあります。

 

 

 

任意事項としては、自動演奏機能や消音装置などのオプションがついているかどうかも申告可能です。次に運搬するための必要事項として、ピアノの設置場所もチェックされます。

 

 

 

道路までの階段の段数や、エレベーターの有無なども項目に含まれています。搬出方法に不安がある場合は、備考欄に細かく明記した方がいいです。

 

正しい申告をする

 

情報提供する時、見積もりに不利になるのではないかと、嘘の情報申告をするのは絶対にやめましょう。

 

 

 

傷や故障があっても、専門の業者で修理できる範囲なら大丈夫です。チェック項目が多くても、正しく申告することで、最初の見積額から大幅に査定額を下げられる心配はなくなります。

 

 

 

逆に、見積もり段階で適当なことしか聞かれない方が、怪しいと思った方がいいです。ピアノの査定額は、業者によって数十万円違ってくることも普通にあります。

 

 

 

高額な見積額をつけてくれたとしても、訪問査定の段階であれこれケチをつけて、査定額を下げる悪徳業者も稀にいるようです。優良なピアノ買取業者は、訪問査定時に買取額の変更をしないとホームページに書いています。

 

 

 

見積もり段階で多くのことをチェックされると、本当に売却できるのかと不安になるかもしれません。しかし、正しい申告をすることが、いい業者にピアノを売却する近道であるとええるでしょう。

 

5社比較して古いピアノでも高価買取

\\5社比較して10万円以上高く売れるかも?//