不要 ピアノ 引き取り

不要なピアノの引き取りをしてもらう前に注意したいポイント

不要なピアノの引き取りをしてもらう前に注意したいポイント

 

不要ピアノの引き取り

 

いらなくなったピアノの処分、粗大ゴミにも出せなくて困っていませんか?ピアノは産業廃棄物業者に依頼すると、かなりの処分費がかかってしまします。不要なピアノを引き取りしてくれるという専門業者に頼むのがいいのでしょうか?

 

 

 

自治体のゴミとして処分することができないピアノは、みなさんどうしているのでしょうか。自治体で取り扱いできないゴミは、産業廃棄物の処理ができる業者を紹介してくれる自治体もあります。

 

 

\\5社比較して10万円以上高く売れるかも?//

 

 

しかし、そのような業者にピアノの処分を依頼すると、大きなピアノはとても高くついてしまいます。アップライトピアノは、2万円から3万円の処分費がかかるのが一般的な相場だといわれています。

 

 

 

グランドピアノにいたってはさらに大きくて重いため、4万円から5万円の処分費がかかるようです。そのため、最近ではピアノを無料回収してくれる業者に注目が集まっています。

 

 

 

このような業者は、訪問査定なしで他では断られたピアノも無料で回収してくれるようです。ただし、クレーンなどの特殊な作業を必要とする場合は、別途料金がかかってしまいますので注意してください。

 

 

 

自社で修理できる技術があるので故障していても大丈夫ですが、故障状況は詳しく伝えないといけないようです。安心できる業者を選べば、引き取り時に料金を請求されることもありません。

 

ピアノをお得に処分

 

無料回収業者は、電子ピアノも無料で引き取りしてくれるので、有料の粗大ゴミに出すよりお得です。

 

 

 

しかし、アップライトピアノやグランドピアノの場合は、無料処分する前に注意が必要です。不要なピアノを無料で引き取りしてもらえれば、確かに処分費はかかりません。

 

 

 

ですがピアノによっては、買取業者に売る方がお得になるピアノもあるからです。古いピアノだから売れないだろうと最初から決めつけるのは、少しもったいない気がします。

 

不要なピアノの引き取りをしてもらう前に注意したいポイント

 

現在はさまざまなピアノ買取業者がいて、業者によって得意とするピアノも異なります。A社では買い取れないと言われたピアノも、B社では10万円で買ってもらえることもあります。

 

 

 

複数の買取業者に見積もりだけでもとってみることは、決して無駄ではないです。無料引取業者も買取業者も、ピアノを修理して再び売ることに変わりはありません。

 

 

 

どちらに依頼しても、ピアノは新しく生まれ変わることができます。それなら、少しでも得する方を選んだ方がいいと思いませんか?

 

 

 

ピアノをお得に処分したいなら、まずは買い取ってもらえるピアノかどうか試してみることです。買取を断られてから、無料引き取りに依頼しても遅くはないと思います。

 

5社比較して古いピアノでも高価買取

\\5社比較して10万円以上高く売れるかも?//