アップライトピアノ 捨てる

アップライトピアノは捨てることさえ困難?廃棄処分の難関

アップライトピアノは捨てることさえ困難?廃棄処分の難関

 

アップライトピアノを捨てる

 

私たちはみんな、生活している中で不要になったものは、ゴミとして捨てています。しかしながらアップライトピアノのような大きな楽器は、そのままではゴミとして捨てることができません。アップライトピアノの廃棄処分には、どんな難関があるのでしょうか。

 

\\5社比較して10万円以上高く売れるかも?//

 

自治体は、私たちが不要になったゴミを毎週集めに来てくれる、とてもありがたい存在です。しかし、そんな自治体も、アップライトピアノはゴミとして捨てても回収してくれません。

 

 

 

アップライトピアノは、粗大ゴミの適正処理困難物とみなされているからです。自治体に問い合わせると、一般の不用品回収業者を紹介してくれることがあります。

 

 

 

しかし、不用品回収業者でアップライトピアノを引き取ってもらうと、高い処分費用がかかってしまいます。だいたいの相場として、アップライトピアノは2万円から3万円の処分費がかかるようです。

 

 

 

さらに二階などに設置されていると、手吊りやクレーンを使わないと排出ができません。そういう場合は、不用品回収業者にも断られることもあります。

 

 

 

仮に引き取ってくれたとしても、当然作業代として追加料金が数万円上乗せされます。アップライトピアノを捨てるには、何万円ものお金がかかるという難関があります。

 

捨てるよりも買取業者に売る方が断然お得

 

そんなにお金がかかるなら、自分で解体して粗大ゴミとして捨てるという人がいます。検索してみると、ピアノの解体方法について細かく書いている人もいるので、実践している人もいるでしょう。

 

 

 

しかしアップライトピアノを解体するのは、そんなに簡単なことではありません。ピアノを横にしたりする必要もありますので、大人が二人以上はいないと無理です。

 

 

 

非常にたくさんの部品をはずすことだけでも手間なので、丸一日は解体作業しないといけません。ピアノには弦がたくさんありますので、弦を切るには危険も伴います。

 

アップライトピアノは捨てることさえ困難?廃棄処分の難関

 

弦が飛んで来たりすると怪我をしますので、身を守るゴーグルや作業着が必要です。解体できたとしても、さらに木や金属を小さく裁断しなければなりません。

 

 

 

木はノコギリで裁断できますが、金属は専用の機械がないと大変でしょう。このように、アップライトピアノを捨てるには、とてつもない手間と困難が伴うのです。

 

 

 

アップライトピアノを処分したい人は、捨てるよりも買取業者に売る方が断然お得です。不用品回収業者に払う処分費も、解体作業にかける時間と手間も、どちらもかける必要はありません。

 

 

 

一括査定で複数業者から見積もりをとって、一番条件のいい業者を選ぶだけで簡単に処分できますよ。

 

5社比較して古いピアノでも高価買取

\\5社比較して10万円以上高く売れるかも?//